取扱製品

検査と診断機器
ハーグストレイト社

眼科

レンズスター LS900®

眼のパラメータの精密な測定は、最新の白内障治療に不可欠です。レンズスターLS900は光干渉(OLCR: Optical Low-Coherence Reflectometry)により、眼内レンズの最適な度数を計算するために必要な全てのパラメータを1度で計測する、光学式バイオメータです。角膜厚、前房深度、水晶体厚、眼軸長と、同時に角膜曲率、角膜径および瞳孔径も自動測定します。

レンズスターLS900の主な特徴

レンズスター LS900®図
  • ノンコンタクト、高精度
    Aモード(視軸上のパラメータ)測定にスーパールミネッセントダイオード光源を使用することにより、高精度な測定を実現します。
  • ワンショットですべての計測が可能
    すべてのパラメータを被検者の視軸上で一度に測定します。
  • IOL度数計算式

    Haigis, HofferQ, Holladay 1, Olsen,
    SRK/T, SRK II, Masket, Modified Masket,
    Shammas No-History

  • 直接連携が可能なIOL度数計算外部ソフトウェア

    ・Holladay IOL Consultant Professional Edition(Holladay 2 および Holladay トーリックカリキュレーター)
    ・PhacoOptics(Olsen式)
    ・Okulix(Prof. Preussnerによる光線追跡法)
    (他の計算式も追加予定です。)

  • ユーザーフレンドリーなネットワーク接続
    専用ソフトウェア”EyeSuite Biometry”は、標準的なWindowsアプリケーションで、ネットワーク環境への高い親和性が特長
    ■測定データをサードパーティのレンズ度数計算式にエクスポートできます。
    ■画像ファイリング、電子カルテシステム接続
    カスタマイズ可能なtxtファイルやGDTなどの文字形式と、PDF・JPGなどの画像レポート形式の出力インターフェイスを搭載しています。
    ■ビューワ接続
    ”EyeSuite Biometry”をインストールしたデータ閲覧用のビューワPCから、標準的なネットワークを介してLS900®のデータベースを参照できます。

レンズスターLS900 - 新機軸

レンズスター LS900®イメージ
  • トーリックプランナー(オプション)

    レンズスター独自のデュアルゾーンケラトメトリーは、16個のLEDを二重の同心円状に配した合計32の測定点により、精細な乱視軸測定を実現し、トーリックIOLの術後結果の向上に寄与します。更に、トーリックプランナー(オプション)を追加した場合、惹起乱視を考慮した挿入軸の検討が行えます。また、残余乱視が最小になるように切開位置の調整を検討できる機能も備えています。

レンズスター LS900®イメージ
  • T-Cone アドオンユニット(オプション)

    レンズスターでトポグラフィー測定を可能にします。

    レンズスター LS900® T-Cone

  • DCM(Dense Cataract Measurement)モード
    高密度の白内障向けに、眼軸長値が得られない場合に測定データを合算処理して、眼軸長を再計算します。測定率が格段に向上しました。
  • 第5世代の計算式 - Olsen
    Olsen計算式搭載により、レンズスターの前房深度、水晶体厚の精密測定が最大限に効果を発揮します。


エキスパートのコメント

レンズスター LS900®expert comment01
  • トーリックおよびプレミアムIOLへの最適な選択

    レンズスターは、光学式バイオメトリーで眼軸長をはじめ前房深度および水晶体厚に至るまで極めて正確な測定を行うことのできる、驚くほど使い易いIOL度数計算一体型のツールです。同時に、デュアルゾーンケラトメトリーは極めて正確で再現性が高いことを特徴としています。術後結果に高い正確性が求められるトーリックや他のプレミアムIOLを使い始める術者にとって、レンズスターは最適な選択肢です。

    Warren E. Hill, MD, FACS

レンズスター LS900®expert comment02
  • 経験が実証するレンズスターの真価

    私は、何百例ものIOL度数計算にレンズスターを使用しました。眼軸長測定とK値は極めて正確です。レンズスターは前房深度も光学式バイオメトリーにより、高い精度で測定します。そのうえ、水晶体厚を実測することができる唯一の光学式バイオメータで、この測定値こそ更に精度の高い第4世代のIOL度数計算式に必須です。

    H. John Shammas, MD

レンズスター LS900®expert comment03
  • レンズスターは期待以上でした

    レンズスターは大変上手く動いてくれているので、これを買ったことを私は今も大変嬉しく思っています。光学式バイオメータでは無理かと思った進行中の白内障眼でも測定結果が得られたのは驚きでした。

    レンズスターのモジュラー設計も使っていて楽しいものです。測定データは簡単にしかも自動でバックアップでき、ソフトウェアのアップデートは簡単にインストールできます。レンズスター用コンピュータの取り替えも数分で終わりますので、オフィスでも診療所でも必要な時にレンズスターを起動し稼働させることができます。

    Lawrence E. Kobetz, MD F.R.C.S.

How to measure Lens Thickness Optically
Drs. Sheridan Lam and Warren E. Hill Speak on Measuring Lens Thickness with LENSTAR
動画をご覧になるには最新のFlashPlayerが必要です。 お持ちでない方はアイコンをクリックしてAdobeのサイトからダウンロードして下さい。
Cataract & Refractive Surgery Today EUROPE November/December 2016
  • パターン認識によるIOL度数選択 - - - - - - - - - - - - - - - - WARREN E. HILL, MD
  • 臨床におけるHill-RBFカリキュレーター - - - - - - - - - - - - - MICHAEL E. SNYDER, MD
  • トーリックIOLにおける目標屈折の達成 - - - - - - - - - - - - - ADI ABULAFIA, MD
  • トーリックIOLの挿入軸調整における虹彩紋様の役割 - - - - - - ROBERT H. OSHER, MD
Cataract & Refractive Surgery Today EUROPE October 2014
  • レンズスターおよびT-コーントーリックプラットフォーム - - - - - -WARREN E. HILL, MD
  • 多くの状況に対応した計算式 - - - - - - - - - - - - - - - - - - GRAHAM D. BARRETT, MD, FRACO
  • トーリック眼内レンズ使用の際の目標達成に対する新たな手法 - ADI ABULAFIA, MD
  • 眼内レンズパワー計算における患者固有の要素 - - - - - - - - -RICK POTVIN, OD; WARREN E. HILL, MD;and EDWARDMEIER, MD

レッドドット・デザイン賞受賞

  • ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定を行っているレッドドット・デザイン賞は、1955年から続く世界的なデザイン賞です。
  • 過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査されます。これらをクリアした作品にレッド・ドット賞が贈られます。
  • 2009年は61ケ国から11,000点以上の応募があり、LS900®はそのユニークな特長と高い再現性に加え、魅力的なデザインが評価され受賞しました。

資料請求・お問い合わせ先
総発売元 株式会社JFCセールスプラン
東京 TEL:03-5684-8531 FAX:03-5684-8533 お問い合わせフォームへ
大阪 TEL:06-6271-3341 FAX:06-6271-3345
名古屋 TEL:052-932-2201 FAX:052-932-2203
福岡 TEL:092-414-7360 FAX:092-414-3463
ページトップへ