取扱製品

検査と診断機器
ハーグストレイト社

眼科

アイスター900

アイスター 900は、測定にスウェプトソースOCTを採用した、多機能OCTアナライザーです。非侵襲および非接触で、角膜から網膜までの眼全体のバイオメトリーに加えて、角膜の前後面や水晶体を含む前房の形状解析、前眼部構造のイメージングを実現しました。

ワークフローが最適化された、アイスター900の自動測定プロセスでは、両眼の測定と画像撮影のデータを40秒で取得することができます。

スウェプトソースOCT テクノロジー

スウェプトソースOCT テクノロジー
  • バイオメトリー、角膜前後面のトポグラフィーと角膜厚のマップ、Aスキャン波形とBスキャン画像を1度の測定でデータ取得、信頼性の高い診断と正確な手術計画に有用
  • より正確な測定と高画質イメージ、白内障眼の高い取得率を実現しつつ、自動化検査プロセスとの組み合わせで迅速なデータ取得が可能

新しい前房モード(Anterior Chamber Suite)

新しい前房モード(Anterior Chamber Suite)
  • 白内障手術や屈折矯正手術の成績向上に対する要求に応えるため、既存の白内障モードに加え、新しい前房モードを用意
  • 12mmのクラスAトポグラフィーで角膜の前面および後面を測定することができ、水晶体を含む前房部を直径18mmでOCT撮影することにより、重要な構造を視覚的に確認することが可能

確立された白内障モード(Cataract Suite)

確立された白内障モード(Cataract Suite)
  • バイオメトリー、角膜前面・トポグラフィー、デュアルゾーン反射式ケラトメトリー、パキメトリー、レンズチルト解析、ゼルニケ解析、ビジョンシュミレーションを装備
  • Hill-RBF3.0を含む、最先端のIOL計算手法を専用ソフトウェアに標準装備

マンダラ スキャンパターン

マンダラ スキャンパターン
  • 高精度のデータ取得のために設計された独自のスキャンパターン
  • 多く円弧を重ねて測定を行うことで、スキャンの連続性が良く、効率の良いデータ取得が可能
  • 交差ポイントが多いので、画像位置合わせ(アライメント)にも優れる

Cataract & Refractive Surgery Today EUROPE September 2022
  • アイスター900
    白内障スイートの使用と臨床的有用性
    白内障手術:トポグラフィー、ゼルニケ解析、視覚シミュレーションを使用した臨床実践

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -WARREN E. HILL, MD

  • Hill-RBF:更なるデータで結果に磨きをかける
    患者を選ばず最適なIOL予測をする新しいアプローチ

    - - - - - - - - - - - - - -WARREN E. HILL, MD AND ADI ABULAFIA, MD

  • アイスター900がどのように診療ワークフローを改善するか
    多忙な診療現場での臨床経験- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -PASCAL IMESCH, MD
  • アイスター900:Precision OCT
    装置の比較- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -GIACOMO SAVINI, MD
  • 症例報告:先天性無虹彩症
    アイスター900の測定と計算が可能にしたカスタマイズ治療

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -DAVID GOLDBLUM, MD, FEBO

  ▽アイスター 900
カタログ

医療機器認証番号302AKBZX00102000

資料請求・お問い合わせ先
総発売元 株式会社JFCセールスプラン
東京 TEL:03-5684-8531 FAX:03-5684-8533 お問い合わせフォームへ
大阪 TEL:06-6271-3341 FAX:06-6271-3345
名古屋 TEL:052-932-2201 FAX:052-932-2203
福岡 TEL:092-414-7360 FAX:092-414-3463
ページトップへ