取扱製品

検査と診断機器
ハイデルベルグ エンジニアリング社

眼科

ハイデルベルグスペクトラリス OCT and OCT Compact

ハイデルベルグ エンジニアリング社は、ゲルハルド・ジンザー博士とクリストフ・ショス氏によって1990年に設立され、以来共焦点レーザスキャニングの研究、開発、製造に専心しております。

最初の製品であるHeidelberg Retina Tomographは、共焦点レーザ走査型顕微鏡の技術を眼底の画像化とその三次元トポグラフィ計測に応用した装置で、1991年に開発しました。蛍光眼底造影装置は第一世代のHRAが1994年、第二世代のHRA2が2002年、そして第三世代のSpectralis HRA+OCTが2006年に開発されています。

現在、Heidelberg Spectralisは12機種を揃えており、必要な機能を持った装置を選択できます。また、新しい機能を次々と発表しており、日常の診療に威力を発揮しています。

ハイデルベルグスペクトラリスOCT Compact
  • ハイデルベルグ スペクトラリス HRA+OCT
    共焦点レーザ走査型眼底検査装置(HRA)とスペクトラルドメインOCTを世界で初めて融合させた三次元画像解析装置です。長期的な眼底のフォローアップの際には、高解像の画像で特定部位の詳細な比較、観察ができます。
  • ハイデルベルグ スペクトラリス HRA
    共焦点レーザ走査と高感度検波技術を結合したレーザ走査型眼底検査装置です。網膜、脈絡膜の細部にわたる高コントラストで高解像の画像が得られます。
ハイデルベルグスペクトラリスOCT Compact
  • ハイデルベルグ スペクトラリス OCT
    機能をスペクトラルドメインOCTに絞り込んだ三次元画像解析装置です。デュアルビームにより、赤外反射画像との同時撮影も可能です。

ハイデルベルグ スペクトラリスの機種と撮影モード

  HRA+OCT HRA OCT
SD-OCT -
OCT2 -
赤外反射
レッドフリー -
フルオレセイン蛍光血管造影 -
ICG蛍光血管造影 -
自発蛍光 bluepeak
Multi Color bluepeak

パンニング カメラ
前眼部モジュール -
55°ワイドフィールドレンズ
ウルトラワイドフィールドレンズ -

緑内障標準ソフトウェア -
緑内障プレミアムソフトウェア GMPE -
55°ワイドフィールド OCT -

HRA+OCTにアップグレード -
標準装備
 オプションでアップグレードが可能
 一部機能制限されたオプション

ハイデルベルグ スペクトラリスの主な特徴

TruTrack™デュアルビームアイトラッキングシステム
TruTrack™デュアルビームアイトラッキングシステム
  • SLO画像の血管照合により眼球の動きを追尾、OCTスキャン位置を常に同一位置へ自動補正します。
    (シングルビームシステムでは、眼球の動きによりスキャン位置にずれが生じます。)

    ノイズリダクション機能
  • 1秒あたり40,000回の高速Aスキャンレートでスキャンした画像の加算平均を行うノイズリダクション機能により、スペックルノイズを取り除いた高コントラストな画像が得られます。

BluePeak™ブルーレーザによる自発蛍光マップ

BluePeakTMブルーレーザイメージ

網膜からの自発的な蛍光をとらえることができる非侵襲の診断モダリティです。
純粋なブルーレーザを用いた共焦点走査により、フラッシュ写真撮影に固有の
散乱光のない、鮮明で高コントラストなイメージが得られ、様々な眼底疾患に
関連する代謝活動の変化を観察することができます。

BluePeakTMブルーレーザ正常眼 BluePeakTMブルーレーザ網膜色素上皮地図状萎縮

嚢胞様黄斑浮腫滲出型加齢黄斑変性錐体桿体ジストロフィ

MultiColor™走査レーザ画像による多用途性

MultiColorTMレーザイメージ

MultiColor™ 走査レーザ画像は、スペクトラルドメインOCTと複数のレーザ
波長により同時に取得した眼底画像を組み合わせることで、スペクトラリスのマルチモダリティ プラットフォームに新たな局面をもたらしました。

スペクトラリス マルチカラー画像は白内障や眼振のある撮影しにくい 被検者
でも、高コントラストで詳細な画像を取得できます。
スペクトラリスの核心的技術である、共焦点レーザ走査・アクティブ アイトラッキング・ノイズリダクション機能により、細部までクリアな 画像が観察可能です。

マルチカラー画像では、地図状委縮の領域が明確になっています。さらに周囲のReticular Drusenがより容易に識別できます。

マルチカラー画像は、同時に取得した独立した3種類の画像で構成されています。

多用途性
マルチカラー画像とそれぞれのレーザ波長による画像の双方を観察できます。各画像では、網膜の異なる深度における詳細が強調され、付加的な診断情報が得られます。

資料請求・お問い合わせ先
総発売元 株式会社JFCセールスプラン
東京 TEL:03-5684-8531 FAX:03-5684-8533 お問い合わせフォームへ
大阪 TEL:06-6271-3341 FAX:06-6271-3345
名古屋 TEL:052-932-2201 FAX:052-932-2203
福岡 TEL:092-414-7360 FAX:092-414-3463
ページトップへ